予防給付(要支援1、2)で受けられる介護サービス

◇居宅介護予防サービス 12種類

介護予防訪問介護、介護予防訪問入浴介護、介護予防訪問看護

介護予防訪問リハビリテーション、介護予防居宅療養管理指導

介護予防通所介護、介護予防通所リハビリテーション

介護予防短期入所生活介護、介護予防短期入所療養介護

介護予防特定施設入居者生活介護、介護予防福祉用具貸与、

特定介護予防福祉用具販売


◇地域密着型介護予防サービス 3種類

介護予防認知症対応型通所介護、介護予防小規模多機能型居宅介護

介護予防認知症対応型共同生活介護


*要支援1の場合は、介護予防認知症対応型共同生活介護は

利用できません。


◇介護予防支援

ケアプランの作成、関連機関との連絡・調整など。


*予防給付(要支援1,2)の場合は施設サービスは受けられません。


介護保険給付の種類

介護給付、予防給付、特別給付があります。

介護給付は、要介護1~5の認定を受けた方、

予防給付は、要支援1、2の認定を受けた方に給付されます。

特別給付は、市町村が独自に実施する給付になります。


介護サービス(保険給付)を受けることが出来る人

介護保険制度で介護サービスを受けることが出来る人は、

65歳以上(第1号被保険者)の要介護、要支援認定者と、

40歳から64歳まで(第2号被保険者)の人で、

特定疾病(16種類)に起因する要介護、要支援認定者になります。

保険給付による介護サービスを利用する時は、

在宅でも施設でもケアプランを作成しないと利用できません。

次の項目はこちらです→ 市町村特別給付について



■参考文献

インターネット

介護事業所検索 介護サービス情報公表システムHP内

公表されている介護サービスについて

www.kaigokensaku.jp/publish/

介護保険の解説

www.kaigokensaku.jp/commentary/


厚生労働省HP内

介護サービス情報の公表制度

www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/kouhyou/index.html

公的介護保険制度の現状と今後の役割 p18 p20

2.介護保険制度の基本的な仕組み   

www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/gaiyo/dl/hoken.pdf

介護サービス関係Q&A

www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/qa/index.html


ウィキペディア

ja.wikipedia.org/wiki/介護サービス事業者の種類


書籍

「最新介護保険の基本と仕組みがよ~くわかる本(第4版)」p24~p29 p112 秀和システム発行

「医学大辞典」

「まるごと覚える介護福祉士」

「これで合格介護福祉士試験重要問題集」