認定介護福祉士(仮称)の研修について

*現時点では正式な研修内容は決まっていません。

モデル研修の結果等を通して、養成カリキュラムの精査や技能

認定方法、制度運営体制等が現在検討されています。

ここでは、日本介護福祉士会で検討されている研修内容等を記載

しています。



研修受講の要件

研修は認定介護福祉士養成研修Ⅰ類、Ⅱ類の2段階あります。


Ⅰ類の受講要件

実務経験等は各領域ごとに定める。

一定のレベルを身につけていること。

介護職チームのリーダーとしての経験や居宅、施設での生活支援

の経験を有することが望ましい。


Ⅱ類の受講要件

実務経験等は各領域ごとに定める。

認定介護福祉士養成研修1類の修了者。

介護職チームのリーダーとしての実務経験を有していること。

居宅、施設での生活支援の経験をを有していることが望ましい。



研修の主な内容

Ⅰ類(280時間程度)


オリエンテーション

 認定介護福祉士の役割と実践力


医療に関する領域

 疾患・障害等がある人への生活支援・連携1

 疾患・障害等がある人への生活支援・連携2

 認知症のある人への生活支援・連携1


リハビリテーションに関する領域

 生活支援の為の運動学

 生活支援の為のリハビリテーションの知識

 自立に向けた生活をするための支援の実践


福祉用具・住環境に関する領域

 福祉用具と住環境


心理・社会的支援に関する領域

 心理的支援の知識・技術

 社会的支援の知識・技術


生活支援・介護過程に関する領域

 認定介護福祉士としての介護実践の考え方

 総合的な介護計画作成の演習

 事例を用いた演習(総合的な介護計画の作成と評価)



Ⅱ類(170時間程度)

マネジメントに関する領域

 組織行動論

 法令理解と組織運営

 サービス評価とケアスタンダード

 介護サービスのマネジメント


医療に関する領域

 疾患・障害などのある人への生活支援・連携3


心理・社会的支援に関する領域

 地域ケアシステムの理解


自立に向けた介護実践の指導の領域

 応用的生活支援の展開と指導

 介護実践の指導



研修実施団体

大学・養成校、職能団体、事業者団体、社会福祉協議会 など



■参考引用文献

インターネット

公益社団法人 日本介護福祉士会HP内

認定介護福祉士制度構築に向けて

平成25年度検討結果の概要 p9~

www.jaccw.or.jp/pdf/chosakenkyu/H25/H25_nintei_gaiyo.pdf


■参考文献

インターネット

公益社団法人 日本介護福祉士会HP内

認定介護福祉士制度構築に向けて 平成25年度検討結果の概要

平成26年3月 認定介護福祉士(仮称)の在り方に関する検討会 p9 p12 p15 p23~

//www.jaccw.or.jp/pdf/chosakenkyu/H25/H25_nintei_hokoku.pdf

質の高い介護サービスの提供力、医療連係能力等を持つ介護福祉士(認定介護福祉士)

の養成・技能認定等に関する調査研究事業報告書 平成26年3月 p17~

//www.jaccw.or.jp/pdf/chosakenkyu/H25/H25_nintei_hokoku.pdf


厚生労働省HP内

認定介護福祉士(仮称)制度の方向性について 平成23年度研究の中間まとめ

平成24年3月 認定介護福祉士(仮称)の在り方に関する検討会

//www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002ae5j-att/2r9852000002aedl.pdf